2008年 12月 05日
北向観音

c0135535_19211097.jpg


c0135535_19212068.jpg


c0135535_19221733.jpg


c0135535_19222763.jpg


常陸太田市天神林町にある佐竹寺
私のブログでも何度か登場したことのあるこのお寺。
寺院には珍しく、北向きに造られているため、北向観音とも呼ばれています。

お寺には車が2~3台しか止められない小さな駐車場があります。
駐車場横が、入口である仁王門。
ここから、大部分を見渡すことができる小さなお寺です。

仁王門をくぐるとすぐ本堂が近くに見えます。
本堂の前には子地蔵様が左右に並んで、拝観者を出迎えてくれます。
その名のとおり、北向に建てられているため、やはり境内はやや薄暗い。
国の重要文化財に指定されている本堂は、窓や柱、梁などに桃山建築につながる意匠が見られます。

そして、このお寺の見どころはやはり、本堂一面に貼られた千社札。
隙間なく貼られており、見る者を圧倒します。

地元に残る小さな文化財。
次の世代にも大切に残してあげたいですね。

標準ズームで撮影。
ピクチャースタイルをモノクロにして、赤フィルタを使用。
CANON DPPを使い、トーンカーブの微調整で、コントラストをやや高めに設定し、現像を仕上げました。
[PR]

by chihiro426c3 | 2008-12-05 20:40 | 自由写真


<< 鹿島の杜 Ⅰ      琥珀色の誘惑 >>