2008年 12月 08日
鹿島の杜 Ⅲ

c0135535_20563625.jpg


鹿島神宮の楼門内に収められている神人の像。
鹿島神宮の楼門は、熊本の阿蘇神社、福岡の筥崎八幡宮と合わせて三大楼門と称されており、国指定文化財になっています(私も今回初めて知った)。
この楼門は、水戸藩初代藩主徳川頼房によって1642に造立されました。
緑に覆われる鹿島神宮内で真っ赤な楼門はかなり目立ちます。

像の前にあるのは、「奉祝 天皇陛下御即位二十年」の幕。
撮影のときにはとても邪魔に思っていましたが今回も”邪魔な場合には利用しよう”という考えで、幕の映り込みを入れての構図となりました(笑)。

標準ズームの最広角側で絞りはF5.6で撮影。
露出は中央で測って、マイナス1.3EVの露出補正。
ホワイトバランスは太陽光、ピクチャースタイルはモノクロ。
RAW現像内で、コントラストをプラス2、シャープネスをプラス3加えて現像を仕上げました。
[PR]

by chihiro426c3 | 2008-12-08 22:34 | 写真クラブ


<< 鹿島の杜 Ⅳ      鹿島の杜 Ⅱ >>