2009年 03月 19日
『四面鏡』 デジタルフォト誌 dpC1で最優秀作品賞を頂きました

c0135535_2243562.jpg


私も驚いています。
夢のような結果ですので正直舞い上がっています。
dpc1の最優秀作品賞、上級者部門のトップで、見開き2枚で掲載されるということですので舞い上がらずいられません(笑)
受賞を知らせるメールがあった時、どうしても信じられなかったので、編集部の担当者に確認のメールを入れてしまいました(笑)
「間違いなく、First Prizeですよ(笑)。一番大きく、2ページで掲載されています。」
との返事を頂き、やっと我に帰りました


作品は錆びた窓を撮った一枚。
タイトルは、『四面鏡』
道路沿いの廃屋(工場)の鉄ドア。
窓が四分割されていますが、アクリルのような材料のため変形して四方を向いており、それぞれが違った景色を映し出しています。
この様子をタイトルに使ってみました。

私の旧ブログからお付き合い頂いている人はご記憶があるかもしれません。
二年前の5月のブログに載せた写真と同じ被写体です(ただし、同じ写真ではありません)。
また、このドアの全体像は写真クラブの写真展にも使わせて頂きました。

類似作品をブログや写真展に使っているので応募にためらいがありましたが、応募要領に、
「市販目的のない出版物、および個人的なホームページに記載するレベルであれば構いません」
とあり、二重応募に当たらないと判断して応募しました。
尚。今日の写真は隅々まで観て頂きたいので、ロゴ無しで、いつもより大きな写真を準備しました。
クリックで大きな写真が開きます。

デジタルフォト誌へは昨年一度だけ応募してみましたがあえなく撃沈(笑)
その教訓を生かし、今回は周到に準備をしました。
まずは、候補作を20作品選び出し、休日に一日かけて最現像。
その後、2Lにプリントをして色合いのチェック。
この時点で何枚かを候補から外し、タイトルと作品内容のチェックを行い最終的な候補を選びました。
10枚を選んだつもりでしたが、間違って12枚選んで応募してしまったという落ちもありました(笑)

他の皆さんのキレイな入賞作品の中にあって、奇抜な作品を選んで下さった撰者の萩原先生に感謝したいと思います。
本当にありがとうございました。

≪3/20追記しました≫
今回は私のブログにいつもコメントを下さるmino_rinさんも、同じくdpc1クラスで入選されています。
とてもほのぼのとした作品ですのでmino_rinさんのブログへもどうぞ、お立ち寄り下さい。
[PR]

by chihiro426c3 | 2009-03-19 21:37 | フォトコン関係


<< 冬の記憶      ひと雨ごとに >>