2009年 04月 03日
芽吹き

c0135535_20163580.jpg


今の紫陽花。
枯れ果て崩れ落ちそうな昨年の花と、芽吹き出した今年の葉。
その対比を50mmレンズを使い写してみました。

ネイチャーを撮るには使い難い画角の50mm。
でも、これくらいの大きさのものを撮るにはとても便利。
絞りを解放近くまで開けると、ピントの合う範囲は極端に狭くなりますので、ピント合わせが大変です。
でも、ボケのキレイさでその苦労も吹き飛びます。

絞りは解放手前のF2.0。
枯れた花で露出を測りプラス0.3EVの露出補正で、シャッタースピードは1/1250秒。
CANON DPPを使いピクチャースタイルは風景、ホワイトバランスはオート。
コントラスト・色合い・色の濃さ・シャープネスはゼロ。
トーンカーブの中間域に若干のプラスを加え現像を仕上げました。
[PR]

by chihiro426c3 | 2009-04-03 21:47 | ネイチャー


<< 包まれて      冬は終り >>