2009年 08月 13日
予感

c0135535_1725294.jpg


いつもの蓮池。
きれいに開く一輪の蓮。
これだけだとちょっとつまらないので、水面に映る太陽を入れてみた。
花の白さが出て、水面に映る太陽の形が判るような露出が欲しいと思い挑戦(笑)
花で露出を測ってプラス補正し、太陽が薄い雲を通して見られる瞬間を待って撮影。
何枚も何枚も写してやっと撮れた一枚。
しかし、現像も出来あがって、しみじみPCの画面で見て気が付いた。
太陽が余計だという事を・・・・・

きれいな花と一緒に、これだけ強く写る太陽が写りこむと花に目がいかない。
主役が明確じゃない写真になってしまいました。
やっぱり、何でも写し込めば良いってことじゃないということに気が付いた一枚でした(笑)

標準ズームの66mm付近で絞りはF5.6。
花で露出を測りプラス0.3EVの露出補正を加えて、シャッタースピードは1/50秒。

CANON DPPを使い、ピクチャースタイルは風景、ホワイトバランスは太陽光。
明るさの調整・コントラスト・色の濃さ・色合いは全てゼロ。
シャープネスのみ、3で現像を仕上げました。
[PR]

by chihiro426c3 | 2009-08-13 18:18 | ネイチャー


<< 極楽浄土      木漏れ日の中で >>