2010年 02月 10日
梅のかほり Ⅳ
c0135535_053568.jpg


もし、バックや周りが整理できないような場合には撮影を諦めるか?それとも上手く利用するか?
諦めるのが嫌な場合には、ボケを上手く利用する事も考える。
この場合、ピントの合う位置が花だけに出来ると面白い。
不用意に周りの枝にもピントが合ってしまうと、その枝にも目がいってしまい主役の花が目立たなくなってしまう。
枝の先端にポツンと浮き出るような位置で咲いている花が望ましいですね。

こんな場合でも、花の状態はキレイな物を選びたい。
もちろん、撮影の際に絞ってはいけません(笑)
花を選んだら絞りを開放にして、周りをぼかす。
トロトロになるまでぼかす(笑)

三脚に固定してISOは400、絞りは開放F2.8。
花びらの白で露出を測りプラス1.0EVの露出補正。
CANON DPPを使い、ホワイトバランスはオート、ピクチャースタイルはスタンダード。
明るさの調整でプラス0.3EVを加え、コントラストはマイナス1、色合い・色の濃さはゼロ、シャープネスは3で現像を仕上げました。
[PR]

by chihiro426c3 | 2010-02-10 01:24 | ネイチャー


<< 梅のかほり Ⅴ      梅のかほり Ⅲ >>