2010年 02月 13日
梅のかほり Ⅴ
c0135535_18242441.jpg


梅の花、明るく爽やかに描くのが定石。
やはり、花を撮るのであれば美しく見せるのが基本。
でも、たまには定石から外した花写真も撮ってみたい(笑)

"アンダーな露出で妖艶に"
絶対に梅の花には似合わない表現ですが、そんな梅の花を撮ってみたいと思う。

アンダーに撮るのなら、紅梅が良い。
白い花はアンダーに表現するのは難しいし似合わない。

ただ、真っ暗に撮ったのでは面白くはないので、ちゃんと階調は残すようにしたい。
花が白飛びしてしまっては階調が残らないので、露出には気を付けたい。

ISO100、マクロレンズを使い絞りは開放のF2.8。
中央のシベの部分で露出を測りプラス0.3EVの露出補正を加えて、シャッタースピードは1/800秒。
CANON DPPを使い、ホワイトバランスは白色蛍光灯、ピクチャースタイルはクリアーを選択。
ピクチャースタイルのクリアーを選択すると仕上がりがアンダーになるので、明るさの調整でプラス0.3EVを加え、コントラストはプラス1、色合い・色の濃さはゼロ、シャープネスは3で現像を仕上げました。

梅のかほりシリーズは一時中断し、また後で再開します。
次回からは普段のエントリーに戻ります。
[PR]

by chihiro426c3 | 2010-02-13 20:27 | ネイチャー


<< 冬蛍      梅のかほり Ⅳ >>