2010年 03月 03日
梅のかほり Ⅵ
c0135535_21205287.jpg


約2週間ぶりに再開の『梅のかほり』シリーズです。

GX100で慣れ親しんだ1cmマクロの感覚が身にしみついています。
なので、極限までに被写体に寄れないS90のマクロの画角にちょっと不満を感じます(笑)

しかしその反面、F2.0の絞り開放には大きな魅力がある。
被写界深度の極端に浅いピント。
油断をするとすぐにピントが外れる。
「これが、コンデジか~?」
嬉しい悩みを私に与えてくれました!

手持ち撮影、ISOは80、評価測光で露出補正はゼロ、絞りは開放のF2.0でシャッタースピードは1/340秒。
CANON DPPを使い、明るさの調整はプラス0.17EV、ホワイトバランスは太陽光、ピクチャースタイルはポートレート。
コントラスト:1、色合い:0、色の濃さ:0、シャープネス:5で現像を仕上げました。
[PR]

by chihiro426c3 | 2010-03-03 22:04 | ネイチャー


<< 梅のかほり Ⅶ      季節の重なり >>