2010年 04月 14日
美しすぎて
c0135535_2165275.jpg

桜といえば思い出すのは染井吉野。
でも、染井吉野だけが桜じゃありません。
一枚目は大島桜。
江戸彼岸とこの大島桜を交配させて染井吉野がつくられました。
葉と一緒に純白の花が咲き、緑と白のコントラストがとても美しい。

c0135535_21102613.jpg

二枚目は、山桜。
奈良県の吉野の桜はこの山桜のことを指し、古来から日本人に親しまれてきた桜です。
日本を代表する桜といっても過言ではありませんね。
こちらも、大島桜と同様に葉と一緒に純白の花が咲きますが、こちらの葉はちょっと赤みがあり、大島桜とは違ったコントラストを見せてくれます。

染井吉野の薄紅色とは違い、純白の花が美しい二つの桜。
あまりの美しさに、撮る事を忘れてしまいそうになります。

ところで、タイトルに『美しすぎて』と付けた後、野口五郎の歌のフレーズを口ずさんでいる私は昭和の人間です(笑)







c0135535_21393827.jpg


撮影場所は、常陸太田市の西山公園。
市街地西側の丘陵地にあり、水戸黄門で有名な徳川光圀が隠居した西山荘の近くにあります。
この一枚も、ブルーシートの位置がもう少し右に大きく配置できるように撮影できたら、面白い一枚になったんですけどね~
ちょっとだけ、残念です!
[PR]

by chihiro426c3 | 2010-04-14 22:03 | ネイチャー


<< rikijiさん、beibeさ...      さくらいろ >>