2010年 06月 19日
今日はデジタルカメラマガジン誌発売日! カラープリント投稿部門で入選を頂きました
普段は20日が各写真誌の発売日。
でも今月は20日が日曜日ですので、本日の発売となったようです。
今月は、カラープリント投稿部門で入選を頂きました!
3ヶ月ぶりの誌面掲載です!
入選作品は4/27のブログにエントリした『日差し』
モノトーンの色調の中で、オレンジ色の服を着た方が階段を降りて行くところといえば、覚えていらっしゃる方もいますでしょうか?

これで、3月号から応募をはじめ、部門は毎回違いますが5か月連続での入賞となりました。
やっぱり、誌面に載るというのは嬉しいです。



c0135535_1323230.jpg


さて、今日は梅雨らしい一枚。
パチンコ屋さんの駐車場で、傘をさしながら撮りました。
広い水たまりに傘が一つ。
壊れて、飛ばされてしまったようです。
どうにか撮りたい!
でも、普通に撮ったら面白くない(笑)

雨は降っていても、角度によっては水面の反射を利用できる。
傘の柄は暗いので、光の反射率が低く、ここで露出を測ればシャッタースピードが遅くなる。
シャッタースピードが遅くなれば、水たまりは白飛び気味となる。
これを利用します。

露出補正をゼロでそのまま撮ったら、思った通りに水面は見事な白飛び!
白い世界に壊れた傘が浮かんでいます!
写真って、面白いですよね~
でも、何枚か撮って気が付いた、水面に僅かに雨跡を残したいと・・・

白飛びを抑える→露出にマイナス補正を加える。
マイナス0.7EVとマイナス1.0EVの露出補正を加えて撮ってみたが、結論としてはマイナス0.7EVが良かったようです。

これでOK?と思い、液晶画面を見る。
良く見てみるモノクロの方が面白そうな事に気が付く!
試しにモノクロで撮ってみると、やっぱりモノクロの方が断然面白い!
でも、モノクロにする場合には少しコントラストが足りないか・・・・?
ここは、現像でカバーする事にします。

S90の最広角側で、ISO400。
スポット測光を使い傘の柄の部分で露出を測りマイナス0.7EVの露出補正を加え、絞りF2.0、シャッタースピードは1/30秒で撮影。
CANON DPPを使い、ホワイトバランスは色温度7000K、ピクチャースタイルはスタンダード。
明るさの調整:マイナス0.17EV、コントラスト:4、フィルタ効果:緑、色調:無し、シャープネス:8で現像を仕上げました。

モノクロでコントラストの微調整は色温度を変えてみるのが面白い。
色温度を高くするとコントラストが高まり、低くすればコントラストも低くなります。
[PR]

by chihiro426c3 | 2010-06-19 15:50 | フォトコン関係


<< life line      non smell >>