2010年 09月 16日
『平成倭国』  写団 22 Black Eyes 2010 写真展 出展作品 1/3
c0135535_2275797.jpg


タイムスリップによって、何所か異国の街から来たのだろうか?
きっと、日本人は気持が温かで、人情味のある国だと信じていたのだろう。
でも、ビラを配って歩いても、今の日本では誰にも相手にされない。
今の日本人には、昔の日本人の持っていた"心の余裕"が少なくなってしまっている。
西日が射して北風が吹く中、笑顔を見せずに一生懸命にビラ配りをする彼女を見て私はそう思った・・・


3年前の冬に写真クラブの皆さんと撮影会に東京で撮った一枚。
西日が当たって輝いた彼女の真っ赤な衣装に一目惚れをしました!(笑)
こんな出会いがあるから、スナップは楽しいですね!

今は亡き20Dで撮った一枚。
ISO400、標準ズームの望遠側。
絞りF5.6で、シャッタースピードは1/800秒。
普段はRAWで撮っている私ですが、この時は何故かJPEG撮影。
トーンカーブを使い、明部はそのままで、暗部にマイナスを加えてコントラストを高めにして現像を仕上げました。
[PR]

by chihiro426c3 | 2010-09-16 23:15 | 写真クラブ


<< 『翼はあるのに』  写団 22...      470円  >>