2010年 09月 18日
『翼はあるのに』  写団 22 Black Eyes 2010 写真展 出展作品 2/3
c0135535_11505752.jpg


交通量が激しい場所で、小動物が生きていくのは大変なこと。
もっと静かでキレイな水のある湖沼で生まれ育てばこんな事にならなかったのに・・・
生まれた場所が悪かったね。
でも、そんな静かな場所も今は減っている。
彼達の住む場所を我々人間が狭めている。


"翡翠"という漢字には"カワセミ"と"ヒスイ"の両方の読み方があります。
宝石のヒスイはこの鳥の羽の色に似ていることから"翡翠"と書くようになりました。
それほどまでに、キレイな鳥の例えとして呼ばれているカワセミの最期の姿。
お世辞にもキレイとは言えない川に架かる橋の近く。
皮肉にも、雨に打たれたヒスイの青色がとても鮮やかに見えました。


S90の最広角側で、ISO80。
評価測光を使いマイナス1.3EVの露出補正。
絞りF5.0で、シャッタースピードは1/50秒。
CANON DPPを使い、ホワイトバランスは太陽光、ピクチャースタイルはクリアー。
明るさの調整:+0.17、コントラスト:-2、色あい:ゼロ、色の濃さ:1、シャープネス:7で現像を仕上げました。








傘をさしながら、出勤時間との戦いの中、車が来るのを待って撮影。
コンデジではタイミングを取るのが大変です。
何枚か撮ってやっと満足のいく一枚が撮れました。
ドライバー側からすると、かなり怪しいおじさんに見られたに違いない・・・(笑)
[PR]

by chihiro426c3 | 2010-09-18 12:55 | 写真クラブ


<< 『渇いた街』  写団 22 B...      『平成倭国』  写団 22 B... >>