2011年 01月 09日
来迎院
c0135535_18411981.jpg


西光寺と同じ常陸太田市にある天台宗来迎院。
阿弥陀堂本堂は1718年、阿弥陀堂楼門は1760年の建築。
本堂内には一般には公開されていない鎌倉時代作の木造阿弥陀如来坐像が安置されている。
阿弥陀堂本堂・木造阿弥陀如来坐像・阿弥陀堂楼門のいずれも県指定の文化財として登録をされています。

ここでも見学したいのは楼門内に収まる阿吽像(笑)
一般的に阿吽像はちょっと怖い感じがしますが、ここの阿吽像はちょっと微笑ましいお顔との情報をWEBで見かけました。
ならば行って観てみたいと思い、今回出かけてきました。

c0135535_1841409.jpg

c0135535_18415194.jpg


確かに前回の西光寺の阿吽像と比べると迫力負けはするか?
でも、じっと見ていると何かを感じずにはいられない・・・
私が見る限り、微笑ましいとは言い難い気がします。
やはり、積み重なった歳月の重みは表に出ますね!

西光寺でも気になりましたがあまり保存状態は良くないように思われるのが残念。
小さいながらも地元の大切な文化財、拝観料を取っても良いので保存に力を入れて欲しい。
後世に残すのは今の我々世代の役目なのだから。
というわけで、今回もお賽銭は少し奮発させて頂きました!

あれぇ? 良く見ると誰かに似ている・・・(笑)
[PR]

by chihiro426c3 | 2011-01-09 20:30 | スナップ


<< Coffee break      西光寺阿吽象 >>