2011年 01月 11日
Coffee break
c0135535_20563834.jpg


年の瀬も押し迫った大晦日の早朝、出没したのはやはり大工町(笑)
過去にも何度かこの場面を撮ってみたがあまり面白くはない・・・
狭い隙間に懸命に生きる植物をとらえようと、アンダーな写真を撮りまくったが、結果は何か平凡・・・
この日は逆に白い壁を生かそうと思って撮ってみたら面白かった(笑)

ヤツデの葉の色をしっかりと残し、白い壁を思い切って飛ばす。
でも、ただ飛ばしてしまっては面白味に欠けるので、壁の奥行きを感じるように壁上部の汚れを残しました。

S90の最広角の画角でISO80。
ヤツデの葉で露出を測り露出補正はマイナス0.3EV。
絞り優先AEを使いF2.0、シャッタースピードは1/10秒←なんとかブレずに止まった!
CANON DPPを使い、ホワイトバランスは太陽光、ピクチャースタイルはスタンダード。
明るさの調整:プラス0.3、コントラスト:1、色合い:ゼロ、色の濃さ:1、シャープネス:6で現像を仕上げました。

大晦日の早朝に、ビルの間に顔をうずめて独り言を言いながら写真を撮る。
知っている人に出会わなくて良かったです・・・(笑)



c0135535_2132315.jpg


さて、昨日の朝日新聞の"GLOBE"に「写真は死んでいくのか」というタイトルの特集がありました。
内容的にはプロとアマチュアの境界が曖昧となってきた写真のデジタル化の中で、プロの写真家が問われるプロとしての存在意義を、国内外11人の写真家に問いかけるものでした。

あまり硬い内容の記事は好きではありませんが、表紙に使われたジョナス・ベンディクセン氏(マグナム・フォト会長)のスラム街を撮った一枚に目が釘付けとなりました。

この女の子はいったい何をしてるんだろう?
点在する赤いライトが何て効果的なんだろう!
手前の男の人は一体・・・

見れば見るほど引きつけられ、妄想が膨らむ一枚。
見る側が勝手に想像をふくませる事が出来る写真って見応えがあります。
凄いですよね~

この一枚で、もうお腹が一杯になり、記事の内容なんてあまり覚えていません(笑)
朝日新聞を購読されている方、ご覧になると良いですよ!
[PR]

by chihiro426c3 | 2011-01-11 22:19 | Coffee break


<< closes      来迎院 >>