2011年 06月 08日
毒薬
c0135535_2327859.jpg


私がS90を愛用する大きな理由はCANONのDPPが使えることだ。
特にピクチャースタイルのクリアが使えるのが何よりも嬉しい。
元々は霞んだ風景などをクッキリと見せるためのピクチャースタイル。
よって、普通に撮った写真にこのピクチャースタイルを使うと、呆れるくらいの高コントラストの強烈な発色が得られる。

撮る際には露出は少し明るめに撮影し、コントラストと色の濃さを抑え気味に現像するのが私琉。
ちなみに、クリアを使いコントラストを最低(マイナス4)にしても充分過ぎるコントラストが得られてしまう(笑)
そこで色の濃さを低くすれば、高コントラストなノスタルジックカラーになり、他の現像方法では得られない色が得られる。
もちろん、好き嫌いがはっきりと分かれる現像なので、人にはお勧めは出来ない・・・
現像した後で反省する事も多いが、私のストレス解消法の一つになっている(笑)

S90の50mm付近の画角でISO80。
赤い花びらで露出を測り、露出補正はマイナス1.0EV。
絞り開放でシャッタースピードは1/1600秒。
CANON DPPを使い、ホワイトバランスは太陽光、ピクチャースタイルはクリア。
明るさの調整:+0.3、コントラスト:-2、色合い:ゼロ、色の濃さ:-1、シャープネス:8で現像を仕上げました。
[PR]

by chihiro426c3 | 2011-06-08 23:51 | ネイチャー


<< 道案内      侵入車 >>