2012年 11月 07日
pattern
c0135535_23293461.jpg


一般的な外装工事だけど、最近このような光景を目にする事が多い。
気が付いた方もいるかもしれないが、昨年の震災により被災した建物の修復工事がいまだに続いている。
建物だけではなく、道路の凸凹の修復工事も盛んに行われている。
さすがに、被災程度の大きなものは随分と復旧が進んでいるが、軽度のものは未だに後回し状態。
もう直ぐ1年8ヶ月が経つが、元の生活に戻るには時間とお金が必要なようだ。

復興予算が被災地以外で使用されているニュースを聞くと正直腹ただしい。
被災していない自治体は、人と時間に余裕があるため、復興予算を使うための分厚い申請書を作れる。
しかし、本当に必要としている被災地の自治体では、申請書を作る余裕すら無いのが現実。
被災地の復興が何よりも優先されるはずなのに・・・。

ちなみに我が家の壁も未だにヒビだらけ。
我が家を建ててくれた業者に修理を依頼しているが、あと数年後に我が家の順番が回ってくるようだ。
気長に待つしかないようだ(笑)
[PR]

by chihiro426c3 | 2012-11-07 00:29 | スナップ


<< 秋の潮風 & 写真展のお知らせ      愛車 >>