2013年 07月 15日
古からの誘い
c0135535_206082.jpg


昭和26年3月に発見された3粒の蓮の実。
約2000年の時を超えて発芽し、古代蓮として現代に蘇った。

久々に訪れた茨城県立歴史館。
ここにも古代蓮(大賀蓮)が毎年花を咲かせて市民の目を楽しませてくれている。
池には柵は無く、手を伸ばせば花に触れることができる。
古代と触れ合える瞬間である。

G1Xの最広角側でISO100。
評価測光で露出を測り、露出補正は-2.3EV。
プログラムAEを使い、絞りはF8.0で、シャッタースピードは1/1250秒。
内蔵ストロボを使い調光補正プラス2として強制発光。
CANON DPPを使い、ホワイトバランスは色温度5700k、ピクチャースタイルはスタンダード。
明るさの調整:ゼロ、コントラスト:ゼロ、ハイライト:ゼロ、シャドウ:ゼロ、色合い:ゼロ、色の濃さ:ゼロ、アンシャープ:8、細かさ:4、しきい値:1として現像を仕上げました。
[PR]

by chihiro426c3 | 2013-07-15 20:48 | ネイチャー


<< 目覚め      夏が来た! >>