2013年 09月 05日
六地蔵
c0135535_21263597.jpg


赤があると無意識のうちにカメラを向け、気が付くとシャッターを切っている。

カメラの背面液晶に映る赤は少しくすんだ赤。
しかも、全体的に平べったい色に感じる。
でも、これを現像した時の事を考えると、思わず笑みがこぼれてしまう・・・。


G1Xの最広角側でISO100。
評価測光で露出を測り、露出補正は-3.0EV。
内蔵ストロボを強制発光させ、プログラムAEを使い、絞りはF5.6で、シャッタースピードは1/200秒。
CANON DPPを使い、ホワイトバランスは太陽光、ピクチャースタイルはクリア。
明るさの調整:ゼロ、コントラスト:ゼロ、ハイライト:ゼロ、シャドウ:ゼロ、色合い:ゼロ、色の濃さ:ゼロ、アンシャープ:9、細かさ:3、しきい値:1とし、最後に上部をカットするように3:2のフォーマットにトリミングをして現像を仕上げました。


私にとって麻薬のように危ない現像方法だ・・・(笑)
[PR]

by chihiro426c3 | 2013-09-05 21:49 | スナップ


<< 秘密基地      風の形 >>