2016年 11月 03日
菊物語 Fujifilm X-Pro2 習作
c0135535_20215178.jpg

c0135535_20221152.jpg

c0135535_20222916.jpg


カメラをFujifilmに変えた理由。
JPEG写真の色が素晴らしいというのが一番かな?
RAWで撮って、PCで現像をするのも飽きた・・・、っていう理由もあります(笑)。
随分と前から”JPEG撮って出し”が出来るのは、Fujifilmだと思っていました。

それに加え、フィルムシミュレーションが使えるという理由も大きいです。
短い期間でしたが、フィルムで撮影をしていた時期もあり、リバーサルフィルムを使って撮影をしていました。
当時はあまりお金をかけることができなかったので、比較的価格の安いコニカの森羅というリバーサルフィルム使っていました。
富士フィルムのリバーサルは私には高価だったんです(笑)
とはいっても、森羅で撮った写真もとてもキレイでしたので、今も大切にとってあります。

さて、フィルムシミュレーションで気になるのは、”CLASSIC CHROME”とモノクロの”ACROS”。
この二つが使いたくて、Fujifilmにしたと言っても過言ではありません。

今日の3枚の写真は上から、”PROVIA”、”CLASSIC CHROME”、”ACROS”です。
Fujifilmのカメラでは、フィルムシミュレーション・ブラケットという機能があり、一度の撮影で異なる3つのフィルムシミュレーションの写真を記録することができます。

”PROVIA”は、言わずと知れた富士フィルムでのリーバーサルフィルムのスタンダード的な存在。
”CLASSIC CHROME”は、特定のフィルムではなく、今までのリバーサルフィルムとは明らかに違う、僅かに渋みを含んだ色彩とシリアスな階調が特徴。
”ACROS”は、”世界最高の粒状性”と賞賛されるほどの微細な表現ができるモノクロフィルム。

JPEG撮って出しで、こんな写真が撮れることに、撮った本人の私が驚いています(笑)
これからも、”CLASSIC CHROME”と”ACROS”を使って、撮影を楽しんでいきたいと思っています。
[PR]

by chihiro426c3 | 2016-11-03 20:59 | ネイチャー


<< 秋薔薇      雨上がり Fujifilm X... >>