2007年 11月 02日
降臨

c0135535_17272598.jpg



今日の一枚は出勤途中の風景。
タイトルは、『降臨』

目の前に現れた光芒。何かが舞い降りてきそうな感覚になりました。
物騒な世の中、神々が舞い降りて世の中を正そうとでもしているかのようです。

GX100を使っていると、空を入れた風景を撮る機会が増えました。
広角でが使えるため、どうしても広く写すことを考えてしまうのでしょうか?

シルキーピックスを使い、風景+フィルム調で現像し、トーンカーブの微調整で仕上げました。







今日は何故か会社がお休み。
さて、どこかへ写真でも撮りにと思っていたらあいにくの雨。
むむむっ、どうしようか?
そのとき、最近、EOS20Dの撮像素子へのゴミの付着が激しい事を思い出しました。
先週ついに累積撮影枚数は3万枚を超え、その間2度メーカで清掃を行って頂きましたが、もう撮像素子はゴミだらけ(泣)
絞るとたちまちゴミが出て、ソフトのスタンプを使ってのゴミ消し作業に追われてしまいます。

そろそろメーカへ清掃に出そうか?
それとも、東京のCANON QRセンターに手持ちで持ち込み+日帰り撮影をしようか?
等と考えた結果、「自分でやっちゃおう~」という結論になりました(笑)
一応、インターネットや雑誌等で紹介されている記事で、ある程度の知識はあったので思い切ってやってみようと思い立ちました。
しかし、撮像素子は傷を付けたら、自己責任で対応しなければならず、かなり不安がありましたけど・・・・

さて、準備するものをリストアップ。
1.レンズクリーナ液
2.レンズクリーニングペーパー
3.綿棒
4.クリーニングスティック(クリーニングペーパーを巻き付けて素子の清掃をするための棒)

1と2は、キタムラで購入、合計約1500円。
3と4は、100円ショップで購入、合計210円
しめて、約1700円也。

まずは、清掃前のゴミ状態の確認。
標準ズームレンズを取り付けて、画角は最広角にして、絞りをF22にセット。
パソコンのモニターを真っ白にして、白い画面が全体に写るように撮影。


c0135535_17593072.jpg



ギョギョ、こんなに汚れていたとは・・・・。
見なかった事にしたい・・・・。

でも、これでは良い作品が撮れない。
意を決して作業開始!


自己責任で行っているので、細かな作業内容は書きません。


冷や汗をかきながら、1回目終了、「ふ~うっ」
再度、パソコン画面を撮影してみたら・・・・・


c0135535_182017.jpg



全然変わってないじゃ~ん(泣)
やっぱり、力の入れ方や、清掃の仕方にもコツがあるようです。

上記の作業を5回ほど繰り返し、やっと完成。



c0135535_1862434.jpg



作業時間は、約2時間ほど。
慣れない作業のため仕方がありませんが、キレイになったので一安心。
多少、ゴミが残っていますが、最初と比べれば雲泥の差。

この作業、あまりやりたくはありませんが、掃除に出すと2~3週間のカメラお預けと、大枚が一枚くらい飛んでいきます。
自己責任という意味ではとても緊張しましたが、自分でも出来たという達成感が嬉しかったです。
さて、明日はこのカメラで何を撮ろうかな?
[PR]

by chihiro426c3 | 2007-11-02 17:28 | 風景


<< やすらぎ      秋彩 >>