2008年 06月 16日
続・春に咲く紫苑

c0135535_21561127.jpg



春紫苑をもう一枚。
オーソドックスな構図ですが、意外とこんなのが好きです。
俯瞰の構図でバックは背丈の低い草達。

細心の注意をはかって花の黄色い中心にピント合わせ。
三脚+マニアルフォーカスのため、ピント合わせがとても疲れる。
意味が無いと判っていてもシャッターを切るときには息を止める(笑)
露出補正は微妙。多段露出補正で何枚か撮りましたが露出補正無しが一番良かった。

黄色の種の部分を良く見てみるときれいに螺旋状に並んでいます。
この螺旋状の形、巻貝や向日葵の種等にも見られるフィボナッチ数列(黄金比)の配列なんですね。
(フィボナッチ数列に関しては、私の旧ブログでも紹介させて頂いています

春紫苑撮影の楽しい悪戦苦闘はまだまだ続きます。
機会が有ればまた紹介させて頂きます。
[PR]

by chihiro426c3 | 2008-06-16 21:51 | ネイチャー


<< 駐車場散策      春に咲く紫苑 >>