2008年 07月 12日
生きる



今日の一枚は、イイギリの樹
歴史館の入り口付近にあります。

老齢のためか、樹が裂けて中が空洞になっています。
また、背丈も2mくらいで切り落とされており、本来ののびのびとした姿を見ることは出来ません。
しかし、切り落とされた頭の部分から新しい枝が生え、僅かですが若葉を付けています。
外観からは想像も出来ない植物の生命力を教えてもらいました。

裂けて空洞になった内部に手を差し入れ、上部に若葉を小さく入れました(もちろん、ノーファインダー)。
最広角側でやや絞って、マイナス補正をして撮影。
CANON DPPのトーンカーブを使い、暗部に若干アンダーを加えて現像を仕上げました。
[PR]

by chihiro426c3 | 2008-07-12 20:06 | ネイチャー


<< 目覚めの刻      風薫る >>