2008年 08月 07日
旅立ちの時

c0135535_22332153.jpg


今日の一枚もサギ草。
昨日と一昨日は上から撮りましたが今回は下から。

サギ草を見たことがある方は判ると思いますが、サギ草は背がとても低い。
このため、デジイチで下から撮ろうと思っても撮れません。
しかし、やはりGX100はこんな時に便利。
マニュアルフォーカスで、ピント位置を固定し、カメラを地面に置いて撮影が出来ます。

注意する点として、撮る際にはピントの状態を確認できないのでピント位置を何度か変えながら撮影が必要になります。
また、絞りは深めに設定しピントの合う範囲を広くしておく必要があります。
更に、ケーブルレリースが無くても、タイマー撮影すればブレを防ぐことが出来ます。
構図の注意点として広角側にセットし、サギ草の白い花のバックが暗くなるような場所を探した方が良いでしょう。

何枚も何枚も撮って最終的に撮れたのが今日の一枚。
やはりピント位置に苦労しました。
バックは樹を配置しその枝を利用して広がりを演出すると同時に、葉の緑の位置にサギ草を配置しました。
かなり絞り込んでいますので二羽のサギ草にピントが合っていますが、花と樹の枝までの距離が離れていますので、枝はかなりボケます。
二羽のサギが飛び立つ瞬間をとらえたような一枚が撮れました。

この一枚、私のかなりお気に入りの一枚になりました。
[PR]

by chihiro426c3 | 2008-08-07 22:53 | ネイチャー


<< 時は止まらない      二重奏 >>