2008年 08月 16日
涼を求めて
皆さんにご心配をおかけしました我デジイチ。
新しく、CANON 40Dを購入させていただきましたのでご報告させていただきます。
行きつけのカメラ屋さんが、良い値段を出してくれましたので、決めさせていただきました。
今までと同じ標準レンズ(EF-S17-85mm(手ぶれ補正付き))付ですので、ほぼ今までと同じシステムです。
今までのボディとほぼ同じサイズ・重量ですから今までと同じ感覚で撮影が出来るというのが最大のメリットです。また、今まで使っていたバッテリやケーブルレリース等がそのまま使えるというのもメリットの一つです。

但し、画素数が大きくなってしまったのが私としてはデメリットですね。
1050画素、今のデジイチの中では決して多いほうではありません。世間では画素数が多いことは良い事だと言われていますが、本当にそうでしょうか?
一般的には、300万~500万画素もあれば写真を充分に楽しめます。大伸ばしにして展示するにしても、500万~1000万画素もあれば充分すぎます。
その点、20Dの820万画素というのは理想的な数値だったんですけどね!
画素数が増えればPCの負担も大きくなります。HDDの増設も考えなければなりません・・・・

とは言っても、新しい相棒を手に入れましたのでこれからの写真生活、また楽しんでいきたいと思っています。

さて、今日の一枚。
20Dで撮った水の写真が未だ残っていますので、今日と明日はまだ20Dの写真です。
タイトルは、『涼を求めて』

c0135535_1053888.jpg


c0135535_1055110.jpg


一枚目はマクロレンズを使い、落葉にピントを合わせバックに水の流れを写しました。
撮影時には絞りを開放にして、マイナス補正しましたが、ちょっと暗すぎました。
現像時に露出をプラスに補正し仕上げました。

二枚目は標準ズームで小さな滝を写し止めました。
水の白い流れで露出を測り、プラス補正。
絞りは何段階か変えて撮影してみました、シャッタースピードが0.3秒となった、F6.3が一番良い結果となりました。
中央上と、中央左が若干白飛びを起こしていますが、これ以上白飛びを抑えると、水の流れが暗くなってしまうので我慢。
[PR]

by chihiro426c3 | 2008-08-16 10:53 | ネイチャー


<< 光と遊ぶ      last shot >>