2008年 08月 23日
7月の空

c0135535_13441020.jpg


今日の一枚も普通の写真(笑)
7月に撮った一枚。

ここは旧茨城県県庁。
現在の県庁は、1999年に笠原町へ移転してしまい、現在この旧県庁は”茨城県三の丸庁舎”として利用されています。
昭和5年に建設された近代ゴシック建築様式の建物で、レンガ張りの外観は重圧な印象を与えてくれます。
デザイン、外装材、スタイルなどに、昭和初期の建築物の流行が見られ、茨城県に残る明治以降の代表的な洋風建築物となっています。
現在は三の丸庁舎として使用され、隣接して茨城県立図書館が建設されています。
また、このレトロな雰囲気を利用して、日本テレビ「最後の弁護人」や、寺尾聰主演の映画「半落ち」等、たくさんのテレビドラマや映画のロケに使われています。
こんな建築物、大切に残したいですね。

GX100の最広角側で絞り込んで撮影。
CANON DPPを使い、暗部にアンダーを、明部にプラス補正をして、ややコントラストを上げて現像を仕上げました。
[PR]

by chihiro426c3 | 2008-08-23 14:07 | 風景


<< くつろぎの場所      夏色 >>