2008年 09月 20日
今日はフォトコン発売日

c0135535_21213720.jpg


今日は、20日。フォトコン誌の発売日です。
今月は、フォトコンスクール・ネイチャーの部で銅賞を頂きました。

作品は、いつも行く蓮池でGX100を使って撮った睡蓮。
タイトルは、『雨に輝く華』

一見すると普通の写真。
でも、良く見てもらいたいのは構図。
GX100の最広角側で寄って撮影しています。

池の中から撮影したのではありません(笑)
池の淵から膝を付いて、手を思い切り伸ばして片手で撮影(もちろん、ノーファインダー)。
雨上がりの蓮池で、ほとんど腹ばいになって、もがきながらの撮影でした。
おかげで、かなりズボンが泥だらけ。
誰か見てたかな?見られていたらかなり恥ずかしい(笑)
帰る途中のコンビニの外にあった水道をお借りして泥を落とさせて頂きました。
撮影は大変でしたが、こうして銅賞を頂いたので思い出深い一枚となりました。

CANON DPPのトーンカーブを使い、明部にプラスを加え現像を仕上げました。

ちなみに、この一枚。
選んだまでは良かったが、プリントが上手くいかず一苦労。
10回以上プリントをしなおしまして、やっと、出来上がった一枚。
選者の辰野先生からは「中景を焼きこんでいる? 過度の誇張をは現実感が薄れるとのコメントを頂きました。
やっぱり、明部へのプラス補正がいけなかったのか?
過度にならないように注意をしてはいるんですが、次回からの注意点とさせていただきました。



c0135535_2130547.jpg


続いて、フォトコンスクール・自由の部。
二次予選通過に名前がありました。
作品は、新国立美術館で撮影した一枚。
タイトルは、『溢れる光』
これも、GX100 の最広角側で撮った一枚です。

局面を持った柱に沿って並べられた椅子。
その形が面白くて撮りました。
黒い座面で露出を測り、プラス1EV露出補正をして撮影。
シャッタースピードは、1/8秒。
かなり無理な条件でしたがGX100は写し止めてくれました。

CANON DPPのトーンカーブを使い、中間域に若干のプラスを補正して現像を仕上げました。
[PR]

by chihiro426c3 | 2008-09-20 22:40 | フォトコン関係


<< 写団”22 BLACK EYE...      reminisce >>