2008年 09月 30日
天上の花

c0135535_14552538.jpg


昨日はコーヒーを飲んでゆっくりとしたので、今日からまたいつものペースで。

「曼珠沙華」は“天上の花”の意味があります。
「おめでたい事が起こる兆しに、天から赤い花が舞い降りてくる」という仏教の経典によるらしい。

あいにくの曇りの日。期待していた燃えるようなキレイな赤が出ない。
でも、そんな場合には気持ちを切り替えて別な撮り方を。

薄日の影に隠れる太陽を花のバックに隠す。
雲に隠れていても太陽のある場所は明るい。
この明るさを利用すると、花は見事なシルエットになって浮かび上がります。
雲を入れずに直接太陽を入れると、フレアやゴーストが出てしまい、きれいなシルエットにはならない。

標準ズームの35mm付近で、絞りF5.6で撮影。
露出は花のシルエット部で測ってプラス0.3EV。

CANON DPPを使い、ピクチャースタイルは”風景”、ホワイトバランスを”太陽光”、色の濃さは”標準”、シャープネスは”無し”。
トーンカーブを使い暗部にほんの僅かなマイナスを加えて現像をしました。
下部の草が思った以上に入り込んでしまったため、若干のトリミングを施しました。

形に特徴のある花はシルエットでも存在感を示す。
こんな撮り方も面白い。

ちなみに、撮影時の格好は殆ど匍匐前進(ほふくぜんしん)のような格好・・・・
人に見られないように、素早い行動も重要である(笑)
[PR]

by chihiro426c3 | 2008-09-30 00:48 | ネイチャー


<< 秋空へ      ピント合ってる? それとも外してる? >>