2008年 10月 09日
待ち人

c0135535_124121.jpg


先週末は水戸市の文化センターへ行ってきました。
目的は、県展の見学。

県展は、茨城県内の写真公募展の最高峰です。
毎年この時期に行われ、県内のつわもの達が腕を競います。
搬入作品は約600作品で、入選作品は200作品。
かなり、レベルの高い作品展です。
特賞が1点、次いで優賞が3点であり、事実上この4作品が県内のトップです。

今年は、私のブロ友である、kashinさんと、我写真クラブ仲間である苅野さんの両名が、なんと優賞を獲得しました。
県内のトップに知人である両名が入ったことはとても嬉しく、そして大きな刺激となりました。

kashinさんは、良く私のブログにもコメントを頂けるので、名前を知っている方も多いかもしれません。
kashinさんは過去に特賞も受賞されている実力者であり、同じ写真教室で学びました。
変わった写真を撮る教室仲間の中でも、kashinさんは更に独特な一枚を撮る方です。
kashinさんのブログはこちらです。kashinさんの世界に足を踏み入れたい方は、どうぞご覧になってください。多少の勇気が必要かもしれません(笑)
受賞作品の『誘惑』もブログで紹介されています。

苅野さんは、9月に行った写真展で、A0サイズのレーシングカーを撮った方と言えば覚えている方もいるでしょうか?
専門は飛行機でその他にも、スピード感溢れる作品をたくさん撮ります。
そのせいか、普段のスナップ撮影でも、大砲のようなレンズを使っています(笑)
受賞作品は、『コックピット』
ヘリコプタ(?)の操縦席を外側から撮影。ガラスに写り込んだ風景と相まって、不思議な一枚に仕上げました。
ピントも、キッチリと決まっており、さすがの一枚と感心しました。

この両名の優賞の受賞はやはり刺激を与えてくれました。
フォトコン誌への応募以外では、殆ど公募展には応募したことの無い私。
この2年はまったく応募していません。当然、県展への応募も過去に一度もありません。
もしかすると、来年は応募するかもしれません(笑)

今日の一枚、写真展が行われている2Fへ上がる階段で撮った一枚。
この写真の左側で写真の展示、右側で書の展示を行っていました。
窓の外は景色が良いが、外を写し込むと周りが真っ暗になる(笑)
そのため、窓の外を白飛びさせて、溢れる光を演出させていただいた。
天上のライトが写り込んで、面白い一枚を撮る事が出来ました。
本当は、待っている人が面白いポーズでもとってくれるとありがたかった。
しかし、階段の途中での撮影のため、3枚ほど撮ってそそくさと退散してきました(笑)

GX100の最広角側、絞り開放でやっと、1/80秒を確保して撮影しました。
[PR]

by chihiro426c3 | 2008-10-09 23:47 | スナップ


<< ACCESS MOON      End of September >>