<   2009年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2009年 10月 31日
美食の代償

c0135535_161956.jpg


c0135535_1612019.jpg


大き過ぎるから
小さ過ぎるから
形が悪いから

こんな理由で商品価値が無くなった芋たちが、畑にたくさん放置されたままになっています・・・
しかもこんな状態の畑はここだけじゃなく、日本中いたるところで見ることができます。
この畑に転がる芋たちを全て集めれば、世界中で飢餓に苦しむ人達の胃袋を何人満たすことができるのか?

しかし、こんな状態にしているのは我々消費者側からの要求にも原因がある事を認識しなければならない。
大きさや形や安さではなく、旬で安全な食材を望む需要と供給の体制であって欲しい。
[PR]

by chihiro426c3 | 2009-10-31 17:11 | 自由写真
2009年 10月 30日
life line

c0135535_20452529.jpg


何とも写欲をそそる色。
韓国料理店の横側です。
こんな景色に出会ったら撮りたくなっちゃいますよね~
赤を見ると撮りたくなる、この牛のような性格(笑)

GX100の35mm付近の画角でプログラムAEで撮影。
赤で露出を測りマイナス0.3EVの露出補正を加えて、シャッタースピードは1/100秒。
シルキーピックスを使い、以下のパラメータで現像を仕上げました。

テイストパラメータ:青空
露出補正:マイナス0.3EV
調子:標準
カラー:フィルム調V1
ノイズリダクション:高感度ノイズ除去優先





昨日の一枚は、ちょっと難しかったかな~
というわけで、多少なりの解説を。

まずは、壁の一部分が明るいのは、反対側(写真右側にある建物)の壁にかかった看板への朝の光の反射。
その反射が、スポットライトのように反対側の壁の一部分だけを照らしていました。
照らし出した位置にあるのは壁上部からぶら下がるように垂れ下がる植物。
ぐったりとした人間がぶら下がっているようにも見える。
そして、"執行"というタイトルは、"刑の執行"をイメージしています。

見せしめのようにスポットライトで照らし出す。
手前にあるフェンスは野次馬の民衆を近づけさせないための柵をイメージ。
そして、写真を斜めにしたのは見る側に不安を与えるため。
もともとはカラーで撮りましたが、彩度を落としてモノクロ化して更に不安を感じさせる一枚に仕上げました。

悪行に対する世間の怒り。
その怒りが現代の街中で"刑の執行"という形で爆発したさまを一枚の作品に表してみました。
但し、タイトルに"刑"という言葉を使ってしまうとあまりにもストレート過ぎて、見る側にマイナスのイメージしか持たれない。
そのため、スポットライトの部分に光のイメージのある"朝"という言葉を使い、"執行"という言葉を組み合わせてみました。
"刑の執行"は朝が多いようですので、その意味も含んでタイトルとしました。


というように、作者としてはこんなイメージを持って一枚の作品を仕上げていたわけです(笑)
見る人によって、感じ方が変わることはあるでしょう。

写真作品は、一般的にキレイ・カワイイ・カッコイイの作品が多いと思います。
でも、他にもいろんなジャンルの作品もあります。
私はいろいろな表現を試し、表現の幅を広げたいと思っています。

その表現の幅は、自分が将来一つのテーマを持った時に必ず役に立つと思っています。
[PR]

by chihiro426c3 | 2009-10-30 22:05 | スナップ
2009年 10月 29日
執行の朝

c0135535_19544082.jpg


今日のエントリはタイトルと写真だけ。
細かな説明は要らないかな?

さて、皆さんはどんな感想を持つでしょうか?
[PR]

by chihiro426c3 | 2009-10-29 20:26 | スナップ
2009年 10月 27日
嗅ぐ

c0135535_1930717.jpg


最近、GX片手にスナップを撮りに出かける早朝の水戸市大工町。
俗にいう夜の繁華街。
私のブログでも今年の1月に『昼間の顔』と題して7回シリーズでエントリした場所です。
やはり、飲み屋さん街ということで、普通の街とは違った一面があり面白い街です。

今日の一枚の左下部分がごみの収集場所になっているようで、カラスが集まっています。
遠くから撮ったのではカラスが小さくなってしまう。
かといって、近づいてしまうとカラスは逃げてしまう。
このかけ引きが面白い!
誰か来るのを待って、程よい距離になったのを見計らい、カメラを持って近づきました。
カラスが飛び立つ瞬間を狙いましたがちょっと、ぶれちゃったようです。
やっぱり難しいですね~

さて、ここで問題です!
この写真の中にカラスは何羽いるでしょうか?
頑張って数えてみてください。

答えは、Moreでどうぞ!

More カラスの答え!
[PR]

by chihiro426c3 | 2009-10-27 20:36 | スナップ
2009年 10月 26日
蓮池秋景 Ⅴ

c0135535_19403823.jpg


春にキレイな花を楽しませてくれた桜も色付いた葉を蓮池へ落しています。
もう、蓮池の周りでは来年のための準備が始まっています。

GX100の最望遠側でプログラムAEで撮影。
上部に余計な部分が入ってしまいましたので、上部と左右をトリミングしました。

久々にGX100でRAW撮影しました。
GXで撮影した場合、いつもであればシルキーピックスで現像しますが、今回は初めてPhotoshop Elements6.0(以下、PSE6と記載します)でRAW現像。
現像パラメータがたくさんありすぎてよく判りません(笑)
今回はホワイトバランスのみ、"昼光"を選択してその他はPSE6にお任せです(笑)
自然な色合いがとても好感的な仕上がり。
これからはPSE6で現像する機会も増えそうです。


とりあえず、蓮池の秋景シリーズは今日で終わりです。
明日からは普段のエントリーに戻ります。
[PR]

by chihiro426c3 | 2009-10-26 20:21 | ネイチャー
2009年 10月 25日
蓮池秋景 Ⅳ

c0135535_1628187.jpg


かなり出遅れた感のある睡蓮(笑)
冬が来る前に最後のバトンを託されて懸命に咲いていました。
水面にうっすらと写る空。
派手さのない落ち着いた色合いも良いものです。

GX100を使い広角側28mm相当。
緑の葉で露出を測りマイナス0.3EVの露出補正を加えシャッタースピードは1/320秒。

シルキーピックスを使い以下のパラメータを使い現像を仕上げました。
テイストパラメータ:風景
露出補正:ゼロ
調子:やや軟調
カラー:フィルム調V1
ノイズリダクション:高感度ノイズ除去優先
[PR]

by chihiro426c3 | 2009-10-25 17:04 | ネイチャー
2009年 10月 23日
蓮池秋景 Ⅲ

c0135535_20192315.jpg


花の落ちた茎の部分に止まるトンボ。
枯れてきた蓮の葉もぼかしてみれば彩も豊か。
バックに見える円形ボケは車の窓の反射。
何故こんなことろに円形ボケが?と違和感があるかもしれませんが、写真の中では良いアクセントになってくれました(笑)

ISO100、標準ズームの望遠側で絞りはF5.6。
緑の葉で露出を測り補正はゼロで、シャッタースピードは1/25秒。
ホワイトバランスはオート、ピクチャースタイルは風景でJPEG撮って出しです。
[PR]

by chihiro426c3 | 2009-10-23 21:05 | ネイチャー
2009年 10月 21日
蓮池秋景 Ⅱ

c0135535_214858.jpg


もの哀しげな被写体なのに、ワクワクするのは何故なのでしょうか?
夏の蓮池が終わるのではなく、冬の蓮池が始まる期待感からなのか?
撮っていて楽しくなる。
蓮池はそんな場所です。

ISO100、標準ズームの最望遠側(85mm)で撮影。
絞りF5.6で、逆光の当たる葉の部分で露出を測りマイナス0.3EVの露出補正を加え、シャッタースピードは1/80秒。
ホワイトバランスはオート、ピクチャースタイルは風景に設定してJPEG撮って出し。

昨日はフォトコン発売日!
[PR]

by chihiro426c3 | 2009-10-21 22:19 | ネイチャー
2009年 10月 19日
蓮池秋景 Ⅰ

c0135535_10203465.jpg


初夏から夏の間、私達の目を楽しませてくれた蓮池。
今はひっそりとした時間が流れ、終焉の時を迎えています。
葉は緑から黄色へ変わり、もう一つの紅葉を見せているかのようです。

秋の蓮池、全5回のシリーズでお届けします。
[PR]

by chihiro426c3 | 2009-10-19 22:28 | ネイチャー
2009年 10月 18日
今日は県展搬出日!
二週間に渡り行われた県展も今日が最終日。
午後から作品の搬出となりました。



c0135535_16344749.jpg

本当に申し訳ありません、4回目の同じ出だしです(笑)



c0135535_1635774.jpg

入口では新型インフルエンザ対策。
でも、使っている人をあまり見かけない・・・。



c0135535_16404528.jpg

搬出は、2持15分から。
時間前には何名かが並んでいました。
モノクロ写真のI川さん、スナップ写真のO田さん、県展会友のI崎さんもいらしていましたので、少しだけお話をさせていただきました。



c0135535_1642711.jpg

今年は初挑戦でしたが、入賞という嬉しい結果でした。
でも、浮かれていられるのも今日まで。
明日からは、また来年を目指した争いが始まります。

一年に一枚を選んで勝負する県展。
ドキドキ、そしてワクワクの感触を来年も味わってみたいと思います。
[PR]

by chihiro426c3 | 2009-10-18 17:16 | Coffee break