タグ:モノクロ ( 64 ) タグの人気記事

2011年 09月 26日
モノクロームな昼下がり
c0135535_21103937.jpg

c0135535_2110472.jpg

c0135535_2111270.jpg


画角を決め、露出を決め、じっと待つ・・・
バッテリの残り時間と闘いながら(笑)

いずれも、S95の50mmの画角で、ISO80。
プログラムAEを使い、明部で露出を測ってマイナス0.7EVの露出補正。
明るさの調整で+0.3EVを加え、ホワイトバランスはオート、ピクチャースタイルはモノクロ。
コントラスト:0、ハイライト:0、シャドー:0、フィルタ効果:赤、色調:無し、シャープネス:5で現像を仕上げました。
[PR]

by chihiro426c3 | 2011-09-26 21:43 | スナップ
2011年 08月 30日
偽りの翼
c0135535_20491358.jpg


何でこんなところでぶら下げられなくちゃいけないんだ・・・
本当はこの空を思いっきり飛びたいんだ!

薄汚れた空だけど・・・
偽りの翼しか持っていないけど・・・


S90の最広角でISO80。
評価測光で露出を測り、露出補正は-1.0EV。
プログラムAEを使い、絞りF8.0、シャッタースピードは1/800秒。
CANON DPPを使い、ホワイトバランスは太陽光、ピクチャースタイルはモノクロ。
明るさの調整:ゼロ、コントラスト:+2、ハイライト:ゼロ、シャドウ:ゼロ、フィルタ効果:赤、色調:無し、シャープネス:6、最後にトーンカーブを使い明部にのみ若干のプラスを加えて現像を仕上げました。
[PR]

by chihiro426c3 | 2011-08-30 21:13 | スナップ
2011年 06月 12日
Tower of Babel
c0135535_2195598.jpg


ピクチャースタイルのクリアの使い方は、派手な発色ばかりとは限らない。
私はモノクロでも良く使わせてもらう。
階調重視のモノクロ現像の場合にはピクチャースタイルをモノクロで現像するが、ハイコントラストなモノクロの場合にはクリアを使うと面白い。
特に今回のような重厚な雲の表現等に向いているのではないかと思う。
もちろん、現像の際にはピクチャースタイルをクリアにして彩度を落としてモノクロ化するだけではなく、コントラスト等での微調整が必要になる。

S90の最広角側の画角でISO80。
中央の雲の部分で露出を測り、露出補正はマイナス0.7EV。
プリグラムAEを使い、絞りF4.0、シャッタースピードは1/250秒。
CANON DPPを使い、ホワイトバランスは太陽光、ピクチャースタイルはクリア。
明るさの調整:+0.3、コントラスト:-1、色合い:ゼロ、色の濃さ:ゼロ、シャープネス:7。
彩度を落としてモノクロ化し、トーンカーブを使い中央部のみに若干のマイナスを加えて現像を仕上げました。

表現の幅を広げてくれるピクチャースタイルのクリア、私はこれからも使っていきたいと思う。
[PR]

by chihiro426c3 | 2011-06-12 20:43 | スナップ
2010年 11月 29日
BGMは波の音
c0135535_22215577.jpg

c0135535_2222489.jpg

c0135535_22221998.jpg

c0135535_22224217.jpg

c0135535_22225594.jpg

c0135535_2223669.jpg


今回訪れたのは、ひたちなか市にある県下最大の漁業基地となる那珂湊のお魚市場。
ここは、かつては那珂湊市でしたが、1994年に旧勝田市と合併して現在のひたちなか市になりました。

さすがに県下最大を誇るだけあり、新鮮・低価格で魚介類が購入できます。
また、旬の海鮮料理や回転すし等のお食事もできるので、県内はもとより県外からもお客が集まります。
港ではスナップを撮るのが限られてしまいますので、今回はこのお魚センター周辺で働くおじさん達を中心にスナップを楽しみました!

街中とは違い、慌ただしく動き回る人達に多少の戸惑いを感じながらも何枚も撮影しました。
今回はデジイチと共にS90もお供に連れて行きましたので、S90でも何枚か撮りました。
今日のエントリの中では、4枚目と5枚目がS90での撮影です。
アスペクト比をデジイチと合わせて3:2にトリミングすれば、違和感が無いのは嬉しいですね。

撮影は全て評価測光+プログラムAE。
CANON DPPを使いホワイトバランスはオート、ピクチャースタイルをモノクロ。
各々コントラストやフィルタ効果等の詳細は個々に合わせて現像を仕上げました。
[PR]

by chihiro426c3 | 2010-11-29 23:26 | スナップ
2010年 11月 27日
ふたたび海へ
c0135535_22562296.jpg

c0135535_22563192.jpg

c0135535_233947.jpg


デジイチを持って再び湊へ。
ハイコントラストで撮った前回とは違い、今回は素直なモノクロを楽しむために。

やや低コントラスト気味に現像したモノクロを二回に分けてエントリします。
[PR]

by chihiro426c3 | 2010-11-27 23:22 | スナップ
2010年 11月 19日
休息の時間
c0135535_22195384.jpg


モノクロ写真の楽しさはハイコントラストばかりじゃない。
階調の残った柔らかなモノクロも良いものです。
海で撮った最後のモノクロはそんな一枚。

イカ釣りに使う集魚灯で良いのかな?
傾きかけた陽がガラスの中を透過して輝いていました。
右側の船を写しそうと思ったら、右上に変な物が写り込んでしまいました(笑)

デジイチを使い標準ズームの望遠側でISO400。
評価測光を使ってマイナス0.3EVの露出補正。
絞り優先AEを使いF8.0、シャッタースピードは1/1600秒。
CANON DPPを使い、ホワイトバランスは太陽光、ピクチャースタイルはモノクロ。
明るさの調整:+0.3、コントラスト:ゼロ、フィルタ効果:無し、色調:無し、シャープネス:8で現像を仕上げました。
[PR]

by chihiro426c3 | 2010-11-19 22:23 | スナップ
2010年 11月 17日
限度という言葉を知っているか?
c0135535_22464316.jpg


粗大ゴミにしては限度を超えているだろう。
しかも、警告看板の正面に捨てるとは良い度胸だと思う。
そんな勇気があるんだったら、もっと有意義なところに使えないものか?

デジイチを使い標準ズームの最広角側でISO100。
評価測光を使ってマイナス1EVの露出補正。
絞り優先AEを使いF8.0、シャッタースピードは1/500秒。
CANON DPPを使い、ホワイトバランスは太陽光、ピクチャースタイルはクリア。
明るさの調整:+0.3、コントラスト:1、色合い:ゼロ、色の濃さ:ゼロ、シャープネス:8で現像し、彩度を落としてモノクロ化して仕上げました。
[PR]

by chihiro426c3 | 2010-11-17 22:52 | 自由写真
2010年 11月 15日
孤独なテトラ
c0135535_22483780.jpg


波を消すのがテトラの役目だと思っていましたが、このテトラの役目は雨風に晒されるだけのようです。
本来の役目を果たしたいと願うテトラの声が、秋風にのって聞こえたような気がしました。
でも、人間社会にも似たような光景があるように思うのは気のせいでしょうか?

デジイチを使い標準ズームの最広角側でISO400。
青空で露出を測って露出補正はゼロ。
絞り優先AEを使いF8.0、シャッタースピードは1/500秒。
CANON DPPを使い、ホワイトバランスは太陽光、ピクチャースタイルはクリア。
明るさの調整:ゼロ、コントラスト:1、色合い:ゼロ、色の濃さ:ゼロ、シャープネス:8で現像し、彩度を落としてモノクロ化しました。
[PR]

by chihiro426c3 | 2010-11-15 22:50 | スナップ
2010年 11月 13日
流れ着くもの
c0135535_17328100.jpg

c0135535_17322076.jpg


11月の海は既に夏の記憶は無くなっている。
そんな海をモノクロで撮りたいと思った。

二枚ともデジイチを使い標準ズームの最広角側でISO400。
絞り優先AEを使いF8.0。
CANON DPPを使い、ホワイトバランスはオート、ピクチャースタイルはクリア。
明るさの調整:ゼロ、コントラスト:1、色合い:ゼロ、色の濃さ:ゼロ、シャープネス:7で現像し、彩度を落としてモノクロ化しました。

久々にS90をお留守番させて、デジイチを持って出かけてきました。
数回、モノクロの浜辺写真が続きます。
[PR]

by chihiro426c3 | 2010-11-13 20:58 | スナップ
2010年 10月 10日
平成ララバイ
c0135535_17331985.jpg


茨城県芸術祭美術展の入選作品。

外観が気になっていた建物。
この、ロケーションに合う被写体の人が通ってくれないか?
そんな事を考えながら何日も撮影に通いました。
30分以上待っても誰も通らなかった日もあります。
願いが通じ、やっと6日目にこの若いお父さんがベビーカーを押して通ってくれました。

古びた外観の建物と奥の新しいマンションの対比からは現代社会の格差を感じ、そしてこの親子以外に誰も歩いていない通りにこの街の寂しさを感じました。
一方で子供手当の支給が開始された今年、若いお父さんが子育てに頑張る姿、今風に言えばイクメンという言葉が真っ先に思いつきました。

タイトルの『平成ララバイ』は、平成=現代社会、ララバイ=子守唄。
つまり、"現代社会への子守唄"という意味を込めてタイトルにしました。


S90で撮ったこの一枚、大全紙まで伸ばしましたが、全然大丈夫ですね。
さすがに、近づいてみれば粗いかな?と思えますが鑑賞距離で見る分には問題はありません。
最後の仕上げに全体の露出を若干低くし過ぎたかな?と感じた点がちょっとだけ悔やまれるところです。


クラブの写真展に続き県展も終了しました。
これで、残りの候補作品をDCM誌へ応募する事ができます。
残りあと2ヶ月分、ラストスパートのつもりで頑張るつもりです!
[PR]

by chihiro426c3 | 2010-10-10 19:47 | フォトコン関係