タグ:モノクロ ( 64 ) タグの人気記事

2010年 06月 19日
今日はデジタルカメラマガジン誌発売日! カラープリント投稿部門で入選を頂きました
普段は20日が各写真誌の発売日。
でも今月は20日が日曜日ですので、本日の発売となったようです。
今月は、カラープリント投稿部門で入選を頂きました!
3ヶ月ぶりの誌面掲載です!
入選作品は4/27のブログにエントリした『日差し』
モノトーンの色調の中で、オレンジ色の服を着た方が階段を降りて行くところといえば、覚えていらっしゃる方もいますでしょうか?

これで、3月号から応募をはじめ、部門は毎回違いますが5か月連続での入賞となりました。
やっぱり、誌面に載るというのは嬉しいです。



c0135535_1323230.jpg


さて、今日は梅雨らしい一枚。
パチンコ屋さんの駐車場で、傘をさしながら撮りました。
広い水たまりに傘が一つ。
壊れて、飛ばされてしまったようです。
どうにか撮りたい!
でも、普通に撮ったら面白くない(笑)

雨は降っていても、角度によっては水面の反射を利用できる。
傘の柄は暗いので、光の反射率が低く、ここで露出を測ればシャッタースピードが遅くなる。
シャッタースピードが遅くなれば、水たまりは白飛び気味となる。
これを利用します。

露出補正をゼロでそのまま撮ったら、思った通りに水面は見事な白飛び!
白い世界に壊れた傘が浮かんでいます!
写真って、面白いですよね~
でも、何枚か撮って気が付いた、水面に僅かに雨跡を残したいと・・・

白飛びを抑える→露出にマイナス補正を加える。
マイナス0.7EVとマイナス1.0EVの露出補正を加えて撮ってみたが、結論としてはマイナス0.7EVが良かったようです。

これでOK?と思い、液晶画面を見る。
良く見てみるモノクロの方が面白そうな事に気が付く!
試しにモノクロで撮ってみると、やっぱりモノクロの方が断然面白い!
でも、モノクロにする場合には少しコントラストが足りないか・・・・?
ここは、現像でカバーする事にします。

S90の最広角側で、ISO400。
スポット測光を使い傘の柄の部分で露出を測りマイナス0.7EVの露出補正を加え、絞りF2.0、シャッタースピードは1/30秒で撮影。
CANON DPPを使い、ホワイトバランスは色温度7000K、ピクチャースタイルはスタンダード。
明るさの調整:マイナス0.17EV、コントラスト:4、フィルタ効果:緑、色調:無し、シャープネス:8で現像を仕上げました。

モノクロでコントラストの微調整は色温度を変えてみるのが面白い。
色温度を高くするとコントラストが高まり、低くすればコントラストも低くなります。
[PR]

by chihiro426c3 | 2010-06-19 15:50 | フォトコン関係
2010年 03月 11日
見なかった事に・・・
c0135535_212871.jpg


左側の建物の影に人が倒れて足だけが出ています・・・・

未だ夜が明き切らない時間帯。
何か撮るものはないかと探していて目にしました。
「うわっ、大変だ!」
倒れているおじさんに近付き声をかけようとしたら・・・
「ぐぉ~、ぐぉ~」
かなり大きないびきが聞こえた・・・
更に足元まで近づくと
かなり酒臭い・・・

心配して損をしました(怒)
ならば、被写体になって頂きます(笑)

人が通るのを待っていましたが、あまり人影が無い。
おまけに、おじさんの足が黒い塊にしか見えない・・・
10分後、誰かに通報されたのか、お巡りさんが二人来ておじさんは回収されていきました。

S90のノスタルジックモノクロでJPEG撮影。
焦点距離は最広角側の28mm相当、ISOは800、評価測光を使いマイナス0.7EVの露出補正。
プログラムAEを使い、絞りは開放のF2.0でシャッタースピードは1/50秒。
CANON DPPのトーンカーブを使い、中間域に若干のプラスを加えて現像を仕上げました。

More 3/13追加しました
[PR]

by chihiro426c3 | 2010-03-11 21:54 | スナップ
2010年 03月 09日
心の居場所
c0135535_23281431.jpg


水戸市内にある千波湖。
ここを散歩やジョギングを楽しむ市民にとて、水鳥達はとても親しまれた存在です。

千波湖の北側を流れる桜川で見かけた黒鳥。
この黒鳥はここに住んでいるのか?
護岸工事であったり、橋の橋脚に描かれた落書き等、黒鳥にとって心休まる場所ではなさそうな気がします。

千波湖の黒鳥で思い出されるのが今から2年ほど前、この千波湖で白鳥と黒鳥の計7羽が撲殺されるという事件が起きました。
捕まったのは地元の中学生で、犯行理由は「面白くてやった」
当時この事件は、TVや新聞の全国誌でも取り上げられ、いろいろな意味で話題となりました。

私は教育者でもなければ、動物愛護団体の会員でもありません。
でも、この世に生を受けたものとして、そして人の親として、このような事件を二度と起こしてはいけないと思っています。
[PR]

by chihiro426c3 | 2010-03-09 23:58 | 自由写真
2009年 12月 29日
0時15分

c0135535_11145915.jpg


c0135535_11151255.jpg


c0135535_11153153.jpg


c0135535_11154121.jpg


c0135535_1255046.jpg


出張の日も仕事が終われば撮影ができる(笑)
某100万都市、12月の真夜中の顔。
私の住む茨城と比べれば体感温度は5℃以上暖かい。

すれ違うのは当然知らない顔ばかり。
カメラを持つ身としては安心できる条件である。

最後の一枚、チラ見されて一瞬ドキッ!(笑)
[PR]

by chihiro426c3 | 2009-12-29 17:55 | スナップ・ショット
2009年 12月 26日
時代を支えるガード下
c0135535_1149359.jpg


c0135535_114927100.jpg


c0135535_11493635.jpg


c0135535_11501777.jpg


c0135535_11502852.jpg


c0135535_11504168.jpg


c0135535_11505642.jpg


クリスマスイブとクリスマスの日は出張。
慌ただしい日が続きましたが、今日から年末年始休暇に突入しました(笑顔)
出張の最後の日、電車の待ち時間を利用して上野のアメ横通りを約30分ほどスナップしてみました。

古い時代の異国情緒を残すガード下のたくさんのお店。
威勢の良いおじさん達が、驚くような値段で売りさばくたたき売り。
非日常的な風景は写欲を掻き立ててくれます。
最初はRAWで撮っていましたが、ノスタルジックカラーのモノクロモードに切り替えて撮影しました。

5枚目のお姉さんの左足が手前に来るように狙いましたが、歩きながらシャッターを切るタイミングが、GX100と僅かに違うので随分と苦労しました。
おかげで、お姉さんを追いかけて何枚も撮影したので、かなり怪しい人に見られてしまったかもしれません(笑)

全てリサイズ+ロゴ付けだけのJPEG撮って出しです。
[PR]

by chihiro426c3 | 2009-12-26 15:42 | スナップ・ショット
2009年 12月 19日
街が変わる ”ノスタルジック・モノクロ版”
c0135535_20364264.jpg


c0135535_20365719.jpg


c0135535_2037986.jpg


S90の機能の一つにノスタルジックカラーというのがあり、その設定は5段階あります。
そのうち三つは色が浅くセピア色に近く、残りの二つはモノクロとなります。
但し、このモノクロはただのモノクロとは違い、コントラストが高く、高ノイズでざらついた粒子を再現するような仕上げとなります。

今回の3枚がそのモードでの撮影結果です。
モノクロ2段階の内のコントラストが低い方の設定で撮りましたが、好き嫌いが分かれる絵ですね~(笑)
但し、被写体によってはこのモードが活躍する場面もあるでしょう。
RAWで撮った後でこのモードで現像できるとありがたいんですけどね・・・

低ノイズがウリのカメラで、何故にノイズを乗せなきゃいけないんだろう?なんて疑問を持ってはいけません(笑)
これは、表現方法の一つなんですから(笑)
[PR]

by chihiro426c3 | 2009-12-19 10:42 | 自由写真
2009年 11月 05日
沈黙の街

c0135535_2041205.jpg


10月14日のエントリでお母さんと子供の写真をエントリした水戸市芸術館。
何かのイベントでしょうか?
早朝に慌ただしく会場の準備をしていました。
人がさほど居なかったので、人の気配が無くなるのを待って撮影しました。

空が鉛色で今にも雨が降り出しそうな朝。
近代的な建物の前のイベント会場。
本来であれば、人がたくさんいる状況のはずが何故か無人。
このアンバランスさが面白くシャッターを切りました。

GX100で28mm相当の画角で絞りはF8。
空で露出を測りマイナス1.0EVの露出補正を加えて、シャッタースピードは1/125秒。
モノクロJPEGで撮った写真をシルキーピックスを使って以下のパラメータで再現像。

テイストパラメータ:青空
露出補正:無し
調子:標準
カラー:フィルム調V1
ノイズリダクション:強め

最後にCANON DPPを使い、トーンカーブで暗部に若干のマイナスを加え、更に彩度を落として再モノクロ化して現像を仕上げました。
[PR]

by chihiro426c3 | 2009-11-05 21:28 | 自由写真
2009年 11月 01日
草をも生えぬ場所へ

c0135535_2001047.jpg


c0135535_2001980.jpg


c0135535_2003122.jpg


大通りに面した小さな林がまた一つ姿を消した。
この根の山は早々に片付けられて、この場所にはきっと立派な建物が建つのか?
地面はきっとアスファルトで固められ、その代わりにプランタが置かれ、小さな可愛い花が植えられることでしょう。
こうして街は。どんどんとキレイに生まれ変わっていく。

きっと、なにかと引き換えに・・・



GX100でモノクロJPEGで撮った写真をシルキーピックスを使って以下のパラメータで再現像。

テイストパラメータ:青空
露出補正:無し
調子:やや硬め
カラー:フィルム調V1
ノイズリダクション:強め

再現像でセピア色のようにマゼンダが濃く出たため、CANON DPPを使い彩度を落としてマゼンダ色を抜いて再モノクロ化して仕上げました。
[PR]

by chihiro426c3 | 2009-11-01 20:54 | 自由写真
2009年 10月 17日
雲を見ながら

c0135535_1704521.jpg


偕楽園公園で撮った一枚。
こんなスナップ、”撮らせて欲しい”と本人たちにお願いをしてもいいけど、私が言ったら、まず間違いなく怪しまれる(笑)
なので、本人と判らないように撮る。そうしないと、肖像権の問題も有り、ブログへ載せ難いですからね。

小型なGXでも最広角側で、ここまで寄るのはかなり勇気が要ります(笑)
一度目、ピントが合わず、あえなく撃沈。→画面左から右へ、通り過ぎる。
さりげなく二度目、ピントは合ったが男性が横を向いてしまった。→画面右から左へ、通り過ぎる。
周りから見ると、不自然に思える三度目の挑戦で成功!(笑)

青空を見ながら、この二人は何を話し合っているのか?
そんなことを、考えるのは野暮ですね(笑)

さて、モノクロシリーズも本日で終了。
明日からは普段のエントリへ戻ります。
[PR]

by chihiro426c3 | 2009-10-17 17:56 | スナップ
2009年 10月 16日
秋空の下

c0135535_221411.jpg


私の写真の場合、人を入れないで撮った写真が多い。
たぶん、ネイチャーを多く撮っている影響なのか?
それとも、ただ単に人を入れるのが苦手なのか?(笑)

でも、スナップ的な写真の場合、写真の中に人が入ると随分と雰囲気が変わってきます。
ただし、人が主役か脇役かあまり重要ではない(笑)
重要なのは、”人が入っちゃた写真”ではなく、”人を入れた写真”であること。
そして、欲を言えば、”その一枚で全てが完結しない”一枚が良いと思っています。

完結していない事で観る人に”その先”を考えてもらうような一枚。
高い理想で言えば、アンリ・カルティエ・ブレッソンの『サン・ラザール駅裏』のような一枚。
いつか撮ってみたいと思う一枚です。
まあ、理想は高いに越したことはない(笑)
[PR]

by chihiro426c3 | 2009-10-16 23:03 | スナップ