タグ:EOS20D ( 202 ) タグの人気記事

2010年 10月 30日
秋色カンバス
c0135535_1623255.jpg

c0135535_16231659.jpg


台風14号が近づき、雨風が強かった今日は、日立市で行われている写真展を二つ見学してきました。
一つは、茨城県美術展覧会委員を務める福田先生の個展である、"福田 仁 寫眞展"
もう一つは、日立製作所創業100年記念として日立市郷土博物館で行われている、"写真家ユージン・スミス -東洋の巨人・日立をとらえた眼-" 東京都写真美術館コレクション展

地元の写真家として活躍されている福田先生の作品展は、やはり身近な視点で捉えた作品が多く、とても共感ができます。
また、被写体を選ばず、表現方法も豊かですので見ていても飽きることがありません。

一方、ユージン・スミス氏は言わずと知れた、世界的写真家集団マグナム・フォトの正会員。
戦争写真家として知られる一方で、1961年に日立製作所を撮るために来日し、約1年間日立の工場や街、そして働く人達を撮りました。
その中から、90点が今回の写真展に展示されていました。
戦争写真家のイメージとは違い、人間性や生活の表情の表現が多く、違った一面を見ることができました。

二つの写真展を見て感じたのは、やはり美しいプリントは観る事が一番の勉強になるという事。
特に、ユージン・スミス展では、小さいプリントながらも存在感のある作品は凄いと言わざるを得ない。

撮るだけではなく、観ることにも時間をかけないと写真の表現力は養われないですね。
今日は、充実の一日でした!
[PR]

by chihiro426c3 | 2010-10-30 18:50 | ネイチャー
2010年 09月 16日
『平成倭国』  写団 22 Black Eyes 2010 写真展 出展作品 1/3
c0135535_2275797.jpg


タイムスリップによって、何所か異国の街から来たのだろうか?
きっと、日本人は気持が温かで、人情味のある国だと信じていたのだろう。
でも、ビラを配って歩いても、今の日本では誰にも相手にされない。
今の日本人には、昔の日本人の持っていた"心の余裕"が少なくなってしまっている。
西日が射して北風が吹く中、笑顔を見せずに一生懸命にビラ配りをする彼女を見て私はそう思った・・・


3年前の冬に写真クラブの皆さんと撮影会に東京で撮った一枚。
西日が当たって輝いた彼女の真っ赤な衣装に一目惚れをしました!(笑)
こんな出会いがあるから、スナップは楽しいですね!

今は亡き20Dで撮った一枚。
ISO400、標準ズームの望遠側。
絞りF5.6で、シャッタースピードは1/800秒。
普段はRAWで撮っている私ですが、この時は何故かJPEG撮影。
トーンカーブを使い、明部はそのままで、暗部にマイナスを加えてコントラストを高めにして現像を仕上げました。
[PR]

by chihiro426c3 | 2010-09-16 23:15 | 写真クラブ
2010年 04月 21日
昨日はデジタルカメラマガジン誌発売日! 組写真投稿部門で佳作を頂きました
c0135535_23184414.jpg

c0135535_2319180.jpg

c0135535_2319104.jpg

c0135535_23192145.jpg

デジタルカメラマガジン
2010年5月選考

DCM誌の組写真投稿部門で佳作を頂きました!
組写真投稿部門での入賞は初めてです。
でも、残念ながら佳作は誌面への掲載は無いんですよね~
WEBでご覧いただけますので、こちらからご覧ください
また、今回からフォトコンテスト受賞バナーを張りつけましたので、そこからデジタルカメラマガジン誌のWEBへリンクを張っています。
そこから、"コンテスト"をクリックすると各部門の受賞作品を観ることができます。


作品のタイトルは、『生きている』。

ド派手な発色と暗い露出。
キレイな物をキレイに写真を撮る事はとても大切な事ですが、キレイだけでは伝えられない世界観がある事も事実。
実際にそんな写真を撮る事が私自身が大好きです。
そんな世界の中で、植物達が懸命に生きてる姿を一つの組写真の作品としてまとめてみました。
けっして、前回までの花写真等と比べることはしないでください(笑)
今回の4枚の写真は、季節も、場所も、使ったカメラも違います。
そんな写真を使い、一つのストーリにそって写真を組めた事は少しだけ自分の自信となりました。

今回の4枚の特徴であるド派手な発色は、ピクチャースタイルを"クリアー"にして得られました。
ド派手な色ですが、これでもコントラストは抑えて現像をしています(笑)
使い方がとても難しいピクチャースタイルですが、今回の作品のイメージにはぴったりと考えて使いました。

実はこの作品を組むにあたって、最後まで悩んだのが4枚目。
他の3枚とはイメージ的に少し違います。
自分としては4枚目を入れることで、最後に少しだけ安堵感を与える事が出来るのでは考えて入れました。
反面、これを入れることで作品全体のイメージを壊すことに繋がらないかと思いましたが、結果的には良かったのかな?と思っています。


今回のようなド派手な発色は個人的には嫌いでなく、むしろ好きな方です(笑)
たまに、このような写真が登場します。
どうか呆れずにお付き合いください(笑)
[PR]

by chihiro426c3 | 2010-04-21 22:48 | フォトコン関係
2009年 10月 10日
それぞれの時間

c0135535_16544952.jpg


モノクロハイコントラスト。
現像の際にコントラストを高めるのも一つの手段。
でも、本当にキレイに感じるのは、光と影を上手く利用出来た時だと思います。

隣り合うテーブルに座るサラリーマン風の男性と、お母さんを待つ(?)女の子。
全くの他人同士の二人を、午後のひと時に差し込む光がスポットライトとして照らしてくれました。
[PR]

by chihiro426c3 | 2009-10-10 17:28 | スナップ
2009年 09月 16日
egoism -写団 22 Black eyes 2009写真展出展作品-

c0135535_19502470.jpg


c0135535_19503566.jpg


c0135535_19505038.jpg


今日で写真展も終了です。
ご来場頂いた方、お花を頂いた方達に御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

今日は、私の出展作品をエントリしました。
モノクロ3枚の組写真、タイトルは『egoism』
今回はあえて、詳細の説明は省略してじっくりと見て頂きたいと思います(笑)

次回は、会員の方達の作品をエントリしたいと思っています。
[PR]

by chihiro426c3 | 2009-09-16 20:22 | 写真クラブ
2009年 07月 19日
私景

c0135535_1565388.jpg


やっぱり、ブログ活動を再開しよう!
巡回しているだけだとつまらない(笑)

ブログ名を変え、アバウトの写真も変えて新たにスタートします。
そしてこのブログへエントリする写真はデジタルを基本にし、デジタルでの表現を楽しむ場にします。
ただし、今までのようなペースでの更新は難しく、2~3日毎に1回の更新ペースになると思います。

ブログ名に使った”私景”という言葉は2006年度の当時日本フォトコンテスト誌のレッツ・スナップ部門7月号で銅賞を頂いた作品に使ったタイトルです。
ちなみに、今日の一枚がその銅賞作品です。
”誰の視点でもなく自分の視点で”写真を撮っていきたいと思い、ブログタイトルにしてみました。

新たなスタート、皆さん宜しくお願いいたします。
[PR]

by chihiro426c3 | 2009-07-19 11:00 | スナップ
2009年 05月 20日
今日はフォトコン発売日

c0135535_20515021.jpg


今日は20日、フォトコン誌の発売日です。
今月も掲載はありません!(泣笑)
しかし、予選を通ったかどうかはやはり気になります(笑)
探してみると・・・、二次予選通過に名前がありました!

作品は昨年の7月にブログに掲載した作品。
Coffee breakで現像の方法について説明した一枚と言えば覚えていている方もいますでしょうか?
DPPを使い、私の現像の方法を紹介したエントリです。

応募の際には再度、現像をやり直しました。
やはり、液晶の画面で見る場合とプリントでは差があります。
このため、プリント優先して少し明るめにして現像。
その結果、殆んど撮影時の状態に近付いてしまいました(笑)

さて、今年のフォトコン誌への挑戦も今月号で丁度半分が過ぎました。
来月で折り返しになります。
来月号では掲載されますが、それでも点数が未だ4点。
年度賞に届くのか?
後半戦の頑張り次第です!

ちなみに”デジタルフォト誌”の方は、2ヶ月続けて落選です(大泣)
[PR]

by chihiro426c3 | 2009-05-20 21:59 | フォトコン関係
2009年 04月 21日
身を寄せ合って

c0135535_2001456.jpg


今日の一枚も蓮池の桜。
桜って幹の部分から直接花が出ているのがあります。
枝に咲くのも奇麗ですが、幹から出ているのもそれぞれの美しさがあります。

標準ズームの望遠側(75mm付近)でF8まで絞って撮影。
花の真の赤い部分で露出を測ってプラス0.3EVの補正をおこない、シャッタースピードは1/25秒。
手持ちの撮影限界を超えていますので、幹に肘をついて撮影しました(笑)
CANON DPPを使い、ホワイトバランスは太陽光、ピクチャースタイルは風景。
明るさの調整は無し、コントラストはマイナス1、色合いはゼロ、色の濃さはプラス1、シャープネスはプラス1で現像を仕上げました。

さて、昨日はフォトコン誌の発売日。
入賞はありませんでしたが、予選を通過したかどうかは気になります。
見てみると、二次予選通過に名前がありました。
作品は3年前に撮った一枚。
珍しく雪が降った日に撮りました。
タイトルは『蓮池冬景』

c0135535_19165363.jpg


枯れた蓮の葉を点景として、降る雪をブラして撮影。
三脚に固定し、ISOは400、望遠ズームレンズを使用し焦点距離は約180mm。
絞りはF10としてシャッタースピードは1/25秒で写し止めました。
[PR]

by chihiro426c3 | 2009-04-21 19:20 | フォトコン関係
2009年 03月 25日
one scene

c0135535_20252752.jpg


桜の季節に、こんな写真で申し訳ありません(笑)

撮影は2004年12月。
水戸では珍しくかなりの雪が降った日。
休日と雪の日が重なるなんてことはめったにないので、喜んでカメラを持って飛び出した(笑)

しかし、雪の日に写真なんて撮ったことが無かったので何を撮っていいのか判らない(笑)
なので、手当たり次第に撮っていく(笑)
これは、駅前の広い歩道橋の上で撮りました。

仲良く一つの傘に入って歩く二人。
反対側からは傘もささずに少しうなだれながら歩く男性。
この対比が面白く、何枚も何枚も急いで撮影しました。

標準ズームの最広角側で絞りはF5.6。
ISO400で、シャッタースピードは1/60秒。
望遠が足りなかったので、縦横70%のトリミングを施しています。

シルキーピックスを使い、以下のパラメータを使い現像を仕上げました。

テイストパラメータ:-
露出補正:ゼロ
調子:やや軟調
カラー:モノクロ
ノイズリダクション:高感度ノイズ除去優先

雪がほどよくぶれて、降雪を上手く表現できたと思います。
[PR]

by chihiro426c3 | 2009-03-25 21:59 | スナップ
2009年 03月 24日
休憩中

c0135535_218585.jpg


撮影は2006年4月。
港にある駐車場で撮りました。
昼過ぎでしたので、食後の一休みといったところでしょうか?

今はモノクロで撮る場合は最初からモノクロで撮ります。
そうすることで狙いがハッキリとするんですよね。
この写真を撮った頃はそんな考えは無く、カラーで撮って彩度を落としてモノクロ化しています。

ブログへエントリするスナップの場合、肖像権の問題があるので人物等は特定できない程度の写真を選んでいます。
発表できないで溜っている写真がたくさんあります。
肖像権を気にせずエントリできると良いんですけどね~

標準ズームの最望遠側、絞りはF8。
ISO400で、露出補正をマイナス0.3EV加えて、シャッタースピードは1/500秒。

シルキーピックスを使い、以下のパラメータを使い現像を仕上げました。

テイストパラメータ:-
露出補正:ゼロ
調子:やや軟調
カラー:モノクロ
ノイズリダクション:高感度ノイズ除去優先
[PR]

by chihiro426c3 | 2009-03-24 21:36 | スナップ